開いてしまった、ジャージの裾をお直しすることになりました。

自分のジャージは、穴が開いたままなのに、家族のジャージの裾を直すことになりました。
裾の部分が糸が切れたようで、裾が開いた感じになっています。見た目がわるいので、家族が気にしておりました。
直すにあたっては、まつりぐけ(まつりぬい)をすればよいだけなのですが、また裾がほつれてしまわないように、まつりぐけをしたすぐ下の部分を半返し縫いをすることにしました。
半返し縫いは、いったん針を刺して、半分ほどもどる縫い方です。時間もかかりますし、糸も使いますが、丈夫でミシンで縫ったように、きれいな出来上がりになります。
私は、その見た目と丈夫さの面で、並み縫いより、半返し縫いのほうが好きです。
ジャージの裾を直す時には、縫い縮めてしまわないように、気を付けておく必要があるようです。あるようです、というのは、別の家族の者が言っております。
そこまで言うなら、代わりに直せばいいような気がしますが、結局私が直すことになります。
ただ繰り返すようですが、私のジャージのひざ部分はまだ穴が開いたままです。こちらも修復しないといけないと思うこの頃でした。お金 借りる 内緒 家族